イベントレポート

第四十四回全日本合気道演武大会@姫路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合気とは力の調和である
すべて何事もお互いに技能を磨いていくものだ”

― Fiona Millines アメリカ・フロリダ州出身の当会会員、フィオナ・ミラインスさんによる第44回全日本合気道演武大会と合気道本部道場での稽古のルポです。翻訳は当会会員・湊のりえさんです。

2006年 5月27日 第44回 全日本合気道演武大会において

aac041010

 合気道とは日本特有の武道です。敵対することもなく平常心を保ち続けるという精神面を備えた創始者が生んだ心と体の鍛練法であり、伝統的な文化の一つです。
稽古をする人たちの活気が武道館に漂っていました。1万人ほどの人が参加し演武を見に来ていました。
私たちあまがさき合気道クラブや神戸三田道場を含む日本の至るところの団体が技を披露しました。少年少女の団体もあり大和魂を見せられました。海外からの団体も参加しており、彼らの合気道に対する熱意を感じました。参加国はロシア、アメリカ、インドネシア、シンガポール、韓国、そしてフランスからも大きな団体が来ていてみんな活き活きしていました。
プログラムも終わりに近づいたころ、会場が人で賑わってきました。七段、八段、九段の師範らが入場すると一気に静まりかえりました。
植芝守央道主が入場したときは、まるで神様が入ってきたかのように武道館をパッと明るくさせました。
道主が技を披露している間はさっきまで賑やかだったのがウソのようにピタッとやみ静かになりました。(きっとピン一つ落とす音も聞こえるだろう!)観衆は自分たちとのレベルの違いを感じると言うよりも道主の気迫に満ちた演武にすっかり魅了され、敬うように、そして驚きを感じながら見つめていました。
次の日私たちは本部道場で植芝守央道主の下で稽古をしました。それはとても有意義なものとなりました。道場は人でいっぱいで、私たちは肩を並べあいながらも熱心に稽古をしました。
私が思うに、合気道をやっているみなさんは少なくとも一度は演武大会に出場し、本部道場で稽古をすることをおすすめします。毎年、その東京での演武大会から帰ってくるたびに何か得られるものがあるだろうし、合気道に対する熱意も変わってくるでしょう

                  ― Fiona Millines

英語版(原文)

“ Aiki is the power of harmony.
Of all beings,
All things working together.”

aac041010

Aikido-a modern Japanese martial art unique in its synthesis of classic forms with well-defined spiritual base-offers a key to the art of living naturally and unselfishly in a complicated world reference to the founder’s philosophy of mind-and-action.

May 27th 2006, Tokyo
The 44th Annual Aikido Demonstrations
The liveliness of the Aikido spirit, Budo filled the air. There was a crowd of 10,000 gazing, watching and participating. Many schools throughout Japan including our very own Amagasaki and Kobe Sanda Dojo demonstrated perfectly. There were several children’s groups and the Japanese military. Also schools from all over the world came to the Budokan to show their love for Aikido. Some participating countries were Russia, America, Indonesia, Singapore, and Korea also a very large group from France all participated with vigor.

At the end the program demonstrations from the Hombu Dojo was a crowd pleaser. As they, the top Aikido Masters, seventh, eighth and ninth Dan entered the dojo there was a hush through the crowd. When Master Moriteru Ueshiba entered the Budokan lights were brighten as if a god had entered. As he demonstrated the chatter of the crowd was cut by complete silence. You could hear a pin drop! All eyes gazed in awe and wonderment of how they too can be filled completely by Aikido spirit regardless of mastery level.

The second day at the Hombu Dojo we practiced under the master, Moriteru Ueshiba. It was quite an invigorating enlightening lesson. The dojo was packed to its full capacity. We were shoulder to shoulder however all students executed the movements with enthusiasm.

In my opinion, anyone who practices Aikido should have the experience of the annual demonstrations and training at the Hombu Dojo at least once in a lifetime.
Every year one comes back from Tokyo with more knowledge and better understanding of Aikido spirit.

Written by Fiona Millines

  • このエントリーをはてなブックマークに追加