合気道とは

合気道を始めよう

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい修行をへて、相手と戦うものである「術」から、人間の精神修養を目的とする「道」へと発展させた現代武道です。

合気道の技は、投げ技、押え技、関節技等からなり、すべての技に共通していることは、「相手の生命を殺傷することなく、相手を制する」。合気道が「和」の武道といわれる理由もここにあります。

また、合気道は試合をおこないません。合気道の精神には「相手を倒す」という思想がないからです。もし、試合をおこなえば、「必ず勝ちたい。」「相手を倒したい。」という執着心が生まれてきます。

合気道は心の修養を第一要件とした武道です。日々の心身の鍛練を通じて、健康な心身と、なにごとにも動じない強い心をつちかいます。

また、年配の方、女性、子供を問わずだれでも一生涯を通して学ぶことができる武道として、世界約90カ国、150万人以上の人々に愛好されています。